学友会クラブ・サークル活動
  1. 情報公開

概要、目的、学位、修業年限、
修了・卒業年限

日本体育大学 体育学部

体育学科(スポーツ教育領域、競技スポーツ領域)

学科・専攻の目的 体育・スポーツの科学的研究を深めると共に、国際的な視野に立った教養豊かな指導者及び優秀な競技者を養成する。
修業年限 4年
学位 学士(体育学)
修了・卒業要件 124単位以上

健康学科(ヘルスプロモーション領域、ソーシャルサポート領域)

学科・専攻の目的 学校教育における児童・生徒並びに勤労者及び福祉的支援を要する人の体力向上と健康の増進について、スポーツ医科学と福祉の連携により、専門的な知識や技術を身につけた指導者を養成する。
修業年限 4年
学位 学士(体育学)
修了・卒業要件 124単位以上

武道学科(武道教育領域、伝統芸能領域)

学科・専攻の目的 日本古来の武道・伝統芸能に関する学術と実際を教授研究するとともに、国際社会で活躍できる指導者を養成する。
修業年限 4年
学位 学士(体育学)
修了・卒業要件 124単位以上

社会体育学科(生涯スポーツ領域、スポーツマネジメント領域)

学科・専攻の目的 社会体育学科は、環境に配慮し自然と人の共生を考え、健康で豊かなスポーツライフを構築・実現するため、多様なスポーツ活動のニーズに対応できる指導者を養成する。
修業年限 4年
学位 学士(体育学)
修了・卒業要件 124単位以上

日本体育大学 スポーツ文化学部

武道教育学科

学科・専攻の目的 我が国固有の身体運動文化である武道や芸道に関する知識と技術を身につけるとともに、国内外において正しく武道や芸道を指導し、伝えることができる人材を育成する。
修業年限 4年
学位 学士(体育学)
修了・卒業要件 124単位以上

スポーツ国際学科

学科・専攻の目的 国際社会において日本の精神文化に立脚したスポーツによる開発援助、国際支援ができるとともに、日本と諸外国とのスポーツ交流を推進できる人材を育成する。
修業年限 4年
学位 学士(体育学)
修了・卒業要件 124単位以上

日本体育大学 児童スポーツ教育学部

児童スポーツ教育学科(児童スポーツ教育コース、幼児教育保育コース)

学科・専攻の目的 児童スポーツ教育学科は、児童期における心身の発達特性に応じた体つくり、運動遊び・スポーツ、体育及び健康等の指導や支援に関する専門的な知識と技術を備えた指導者を養成する。
修業年限 4年
学位 学士(児童スポーツ教育学)
修了・卒業要件 138単位以上

日本体育大学 保健医療学部

整復医療学科

学科・専攻の目的 整復医療学科は、高度な専門知識・技術と、豊かな人間性、高い論理観を備えた柔道整復師を養成する。
修業年限 4年
学位 学士(整復医療学)
修了・卒業要件 129単位以上

救急医療学科

学科・専攻の目的 救急医療学科は、現代社会の要請と医療・保健のニーズに応える高度な知識と高い技術を持った救急救命士を養成する。
修業年限 4年
学位 学士(救急医療学)
修了・卒業要件 129単位以上

日本体育大学 大学院 体育科学研究科

体育科学研究科体育科学専攻 博士前期課程

学科・専攻の目的 博士前期課程は、広い視野に立って精深な学識を授け、体育科学分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的とする。
修業年限 2年
学位 修士(体育科学)
修了・卒業要件 30単位以上

体育科学研究科体育科学専攻 博士後期課程

学科・専攻の目的 博士後期課程は、体育科学分野について研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。
修業年限 3年
学位 博士(体育科学)
修了・卒業要件 10単位以上

日本体育大学 大学院 教育学研究科

教育学研究科実践教科教育学専攻 博士前期課程

学科・専攻の目的 博士前期課程は、広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的とする。
修業年限 2年
学位 修士(教育学)
修了・卒業要件 30単位以上

教育学研究科実践教科教育学専攻 博士後期課程

学科・専攻の目的 博士後期課程は、専攻分野について研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。
修業年限 3年
学位 博士(教育学)
修了・卒業要件 10単位以上
ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • お問い合わせ一覧