学友会クラブ・サークル活動
  1. 大学案内

国際交流センター

『国際的な人材交流・育成、世界平和・貢献の拠点』

国際交流センターは本学が、国際競争力のあるアスリートを多数育成しオリンピアンをこれまで以上に輩出することはもちろん、スポーツ基本法の理念を踏まえ、平成32(2020)年東京オリンピック招致の過程で表明された、スポーツを通じた国際貢献を推進する国の構想にも主導的な役割を果たすため、本学の学生・教職員、学校法人日本体育大学設置校の若い人材や指導者、国内外の指導現場や社会貢献の分野はもとより、国際貢献分野で活躍する同窓生も一体となり、日体大の持てる力を発揮していくことが必要であることから、理事会の基本方針である「選手強化」「国際化」「ワンファミリー化」を踏まえ、国際交流を積極的に推進し、国際化・グローバル化社会で活躍できる人材の育成をミッションとして活動を展開するため、その中核となるとともに日体大の世界に向けた窓口として機能を期待し、平成26 (2014)年4月に国際交流センターを開設しました。

学術・スポーツ交流(交換留学制度)

 海外との交流について積極的、かつ広い視野を持って活動できる人材育成をめざし、交換留学制度(学生・教員)、スポーツ交流、文献交換、海外研究への派遣協力などを実施しています。
 派遣期間は、原則的に派遣大学における1学期間(3ヶ月程度)~1学年歴で、学費は全額免除されます。
 募集期間は毎年6月~10月で、書類選考と面接(語学能力チェックあり)により決定します。

応募資格(下記5つの条件を満たす者)

① 本学の正規学生。(留学生は除く)
② 学部2年次以上の在学生であること。
③ 本学教員の推薦のあること。
④ 単位修得状況が平均以上であること。
⑤ 現地の基礎的語学能力を習得中の者(各校ごとに所定の基準あり)、もしくは日常英会話能力を有する者。

留学条件

① 派遣先、派遣元両大学の授業料・在籍料は免除される(要休学手続き)
② 奨学金:北京体育大学は月額支給あり。他はなし
③ 往復交通費・生活費は自己負担。
④ 寮費:北京は免除。他は自己負担。

交流協定校

(2016年5月1日 現在)

ドイツ・中国・韓国をはじめ、現在14校と現在協定を交わしています。
平成28年度内には、さらにヨーロッパや北米の大学と短期語学研修を含む交流協定締結を予定しています。

校名 特徴 URL
中国 北京体育大学 中国武術、中国語学習コースへの留学も可能。  http://www.bsu.edu.cn/
ドイツ ドイツスポーツ大学ケルン サッカーC級指導員資格取得などが可能。  http://www.dshs-koeln.de/
韓国 慶煕大学校 世界各国から留学生を受け入れる総合大学。本学の卒業生が設立。  http://www.khu.ac.kr/index.do
モンゴル モンゴル国立体育大学 モンゴル相撲、レスリングなどが盛ん。近隣の高地トレーニング施設利用可。  http://www.ubtds.mn/
チェコ共和国 国立パラツキ―大学 柔道・剣道学生歓迎。アダプテッド・スポーツ教育も盛ん。創立は16世紀。  http://www.upol.cz/
韓国 龍仁大学校 元柔道大学校。テコンドーが特に強く、龍仁大学独自武術の学習も可能。  http://int.yongin.ac.kr/jpn/
中国 上海体育学院 卓球学院が存在する。中国語学習課程との並行学習も可能。  http://www.sus.edu.cn/
ブラジル 国立カンピ―ナス大学 1966年設立。バランスのとれた研究と教育により、ブラジル国内で最も優れた学術機関のひとつ。  http://www.unicamp.br/unicamp/
韓国 国立韓国体育大学校 韓国唯一の国立総合体育大学校。  http://www.knsu.ac.kr/web/kor/home 
スウェーデン リンネ大学 英語での留学。2ヶ月(春夏休業中)~1学年暦の留学。  https://lnu.se
台湾 国立台湾体育大学 2009年に設置された国立体育専門大学。  http://ntsu.edu.tw
リトアニア リトアニア体育大学 スポーツ、レジャー、健康科学における独自の伝統を開発した特殊な公共の高等教育機関。  http://www.lsu.lt/en

短期語学研修プログラム

大学の長期休暇期間中に以下の大学で語学研修を実施しています。

学校名 慶熙大学校(韓国) スタフォードシャー大学
募集期間  8月~9月頃  5月中旬~下旬 
派遣期間  3週間(2月中旬~3月中旬)  3週間(8月下旬~9月上旬) 
費用 約11万円(往復渡航費、現地生活費は別途) 約50万円(往復渡航費、現地生活費含む)

 

ページのトップへ

JICAボランティア

 JICAボランティア事業は、日本政府ODA(政府開発援助)予算により、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する事業です。開発途上国からの要
請に基づき、それに見合った技術・知識・経験を持ち、「開発途上国の人々のために生かしたい」と望む方を募集し、選考、訓練を経て派遣します。
 本学はJICAと連携強化に関する覚書を締結しており、本学の学生等をJICAボランティアとして派遣する事業を推進しています。本施策は、この取り組みを
通して、開発途上国における体育・スポーツの普及・振興を図るとともに、大学の知見・人材を有効に活用することにより、大学の国際協力分野における人材育成に資することが目的です。あわせて、JICAボランティア公募案件や関連案件への応募を希望する学生等に対して、語学学習支援等の必要な支援を行います。
 海外で出会った子どもたちが、将来オリンピックに出場することもあるかもしれません。グローバル化、国際化が求められているこれからの時代では、
海外経験は必須です。多くの学生の参加を期待します。

 

Q.どんな職種がありますか?
 A. 「体育」はもちろんのこと、各種スポーツの専門家を派遣しています。「球技系・武道系・体操系」など幅広い募集があります。専門家として派遣されたOBで、ナショナルチームのコーチとして凱旋帰国された方もいます。

Q.費用はどうなりますか?
 A. 資金はすべてJICAが負担し活動を遂行します。

Q.教員採用に有利になる制度はありますか?
 A. JICA長期ボランティア活動後、35の自治体の教員採用試験で一次試験が特別選考になるなどの優遇処置があります。
宮城県(仙台市)・東京都・神奈川県・横浜市・相模原市・川崎市・埼玉県・さいたま市・千葉県・千葉市・茨城県・静岡県・浜松市・長野県・富山県・福井県・愛知県・大阪府・大阪市・堺市・兵庫県・神戸市・京都府・京都市・岡山県(岡山市)・山口県・香川県・愛媛県・福岡市・佐賀県・熊本県・熊本市・長崎県・鹿児島県・沖縄県

パンフレットを開く
パンフレットを開く(1.53MB)

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • お問い合わせ一覧