学友会クラブ・サークル活動

  1. 大学案内

アスレティックデパートメント

アスレティックデパートメントとは

1. アスレティックデパートメントの目的について
(1) 全学で統一した競技力強化支援体制を構築し、学生競技者の資質向上と競技成績に結びつける。
(2) 日本版NCAAの創設に向けた体制を構築し、適切な組織運営管理及び大学スポーツビジネスの確立を目指す。

2. アスレティックデパートメントの体制について
アスレティックデパートメントは、3つの部門と3つのセンターで構成する。

3つの部門
① スポーツマネジメント部門
② スポーツ施設管理・運営部門
③ 競技力強化支援部門

3つのセンター(※日体大アスリート・サポート・システム(NASS)の実施)
① ハイパフォーマンスセンター(新設)
② コーチングエクセレンスセンター(新設)
③ スポーツ・トレーニングセンター

ad01.png

日体大アスリートサポートシステムとは

日体大アスリートサポートシステム(Nittaidai Athlete Support System:NASS)は、多くのオリンピアン・パラリンピアンを輩出・育成するためのオール日体大体制による学生支援システムです。

2020 年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、本学が掲げた目標でもある「70 名の本学の学生及び卒業生をオリンピアン・パラリンピアンとして輩出」を達成するため、様々なサポートを計画し、展開しています。

《ロゴ画像》

nass_logo.jpg

NASSパンフレット閲覧(PDF:3.6MB)

サポートシステムの概要

オリンピック・パラリンピックに採用されている競技種目を中心に、医・科学サポート、財政サポート、研究サポートが準備されています。また、全学生を対象に、スポーツ医・科学分野の知識や技術を保有する学生の育成を目指した教育サポートも準備されています。

《サポート種類》

2016nass_1.jpg

医・科学サポート

医・科学サポートは競技力の向上をスポーツ医・科学の分野から総合的に支援するものであり、NASSの中心事業です。5 種類のサポートプログラム(パフォーマンス分析サポート、トレーニングサポート、メディカルサポート、心理サポート、栄養サポート)からなるサポートです。

財政サポート

強化に必要な諸経費をサポートします。

研究サポート

強化に必要な医・科学的研究をサポートします。

教育サポート

アスリートサポートにおける様々な分野の知識・技術を保有した学生の育成を図るための支援を行います。ポータブルな測定・計測機器を用いた即時測定や即時フィードバックの方法、機器のメンテナンスや測定データの管理など、アスリートサポートに必要な教育に関して継続性を持って実施します。

コーチングサポート

コーチ間の情報交換、指導者研修・育成をサポートします。

全学生を対象

本学には様々な競技レベルの学生が在学しています(Recreational athlete〜I n t e r n a t i o n a l l e v e lathlete)。その競技レベルに応じたサポートが展開されます。また学生コーチやアナリストなど、選手として競技を行わない学生も教育サポートや研究サポートを利用できます。

《対象図》

nass_2.jpg

医・科学サポートの種類

1.パフォーマンス分析サポート

アスリートの体力や技術、実際の競技における戦術等に関して評価・把握するために、定量化できる側面からの分析サポートを行います。

2.トレーニングサポート

スポーツトレーニングセンターと協力のもと、講習会の開催やトレーニング指導を行います。また、競技種目の特性を踏まえたトレーニングプログラムの作成や、クラブの強化目標に応じたトレーニングプランの提案も行います。

3.メディカルサポート

運動器スポーツ医学研究室、アスレティックトレーニング研究室及びスポーツ局の医・科学サポートスタッフ(トレーナー)との連携・協力により、スポーツ外傷・障害の予防やアスレティックリハビリテーション、コンディショニングなどの支援を行います。

4.心理サポート

自己管理能力の高い選手を育成することを目的として、心理講習会の開催や個別の心理サポートを実施しています。

5.栄養サポート

栄養サポートでは、他のサポートと連携を図り、情報を共有しながら栄養アセスメント(食意識や食事調査など)を行うことで選手の現状把握を行います。その結果をもとに、競技目標を達成するための栄養に関する課題を抽出し、その改善のための栄養サポート計画を提供し、実行するための支援を行います。

6.女性アスリートサポート

女性特有の課題に対応したプログラム構築のための支援を行います。女性の生理的・心理的特性を考慮したコンディショニングやトレーニングプログラムを取り入れ、競技力向上を目指します。

医・科学サポートの概要

学友会クラブからの要望をもとにプログラムの提供やプロジェクトの構築が行われます。プログラムの提供及びプロジェクトの構築は、学友会クラブの指導者とNASS スタッフとの協議を経て実施されます。また、競技種目 (オリンピック・パラリンピックに採用されている種目か否か)や競技レベルに応じて利用できるサポートが異なります。

 

プログラム提供型サポート

全ての競技種目が利用の対象となります。ラボベースの測定や指導、学内でのセミナー開催が

主な支援になります。競技種目横断的な既定の測定・調査が実施されます。

● フィットネスチェック(体力測定、体組成測定ほか)

● 質問紙調査による心理チェック

● トレーニング指導

● セミナーの開催(メディカル、フィットネス、心理、栄養、女性アスリート)

 

プロジェクト構築型サポート

オリンピック・パラリンピックに採用されている競技種目が利用の対象となります。指導者と協

議して年間計画を作成し、種目特性を考慮したテーラーメイドのプロジェクトを提供します。ラ

ボベースの測定や指導だけではなく、競技会や合宿など、遠征先でのフィールドサポートも実施

可能です。

● バイオメカニクス的手法・生理学的手法用いたレース分析

● 映像・情報技術を活用したゲーム分析

● 個別心理相談

● 個別栄養相談

● トレーナー派遣

《対象図2》

nass_3.jpg

NASSスタッフ紹介(平成28年度)

nass_nakazato.jpgnass_nishiyama.jpgnass_funato.jpg

nass_hiranuma.jpgnass_kono.jpgnass_oomoto.jpg

nass_yamamoto_k.jpgnass_ito_m.jpgnass_sunaga.jpg

nass_kobayashi_f.jpgnass_ootsuka.jpgnass_takai.jpg

nass_murata.jpgnass_sakurai_n.jpgnass_adachi.jpg

nass_kashiwagi.jpgnass_ooishi_k.jpgnass_kikuchi_n.jpg

nass_okada_t.jpgnass_hirayama.jpgnass_tominaga.jpg

nass_shiojima.jpgnass_akiyama_k.jpgnass_makino_y.jpg

 

nass_4.jpg

NASSパンフレット閲覧(PDF:3.6MB)

問い合わせ先

日本体育大学 
総合スポーツ科学研究センター
E-mail : souspo@nittai.ac.jp
TEL: 03-5706-0931

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • お問い合わせ一覧